ジョンソン季節便り
今月のプレゼント
キャンペーン一覧
CM情報
メールマガジン案内
ブランド一覧
カビキラー
スクラビングバブル
パイプユニッシュ
グレード
シャット
ジャバ
スキンガード
クルー
プレッジ
テンプル
ズックリン
KIWI

3時のおやつに何食べる?

2008年9月17日更新
ジョンソン季節便り一覧へ

子どもも大人も大好きな3時のおやつ。食事とはまた違った楽しみがありますが、そもそもおやつを食べる習慣はどうしてできたのでしょう? また、おやつの正しい食べ方など、おやつにまつわる気になる話も集めてみました。

おやつの語源はお八つ

おやつは漢字では「御八つ」と書き、午後2時から4時までの時間をさす江戸時代の言葉「八つ刻」(やつどき)に由来します。
ちょうどこの時刻、食事と食事の間の空腹感を抑えるためにとっていた軽い間食が、 いつしか他の時間帯も含めて広く“おやつ”と呼ばれるようになりました。つまり“おやつ”という呼び名は江戸時代が始まり。

当時のおやつはうどんや餅、果物、焼き芋が代表的でしたが、なかには今の栄養ドリンクのような役割をかねて、栄養補給に優れた甘酒を飲むこともあったとか。そういえば時代劇の茶屋でのワンシーンには、甘酒とお団子でちょっと一服なんて場面がよくありますね。
いずれにしてもおやつの楽しみは、江戸の昔も今も変わらないようです。

おやつの正しい食べ方は?

おやつで気になるのが、やはりカロリーの取り過ぎや栄養バランス。特に成長期の子どものおやつには気をつかってあげたいですね。できれば食べ方や時間などのルールを決めておくとよいでしょう。

おやつの栄養やカロリーも1日の必要摂取量の一部。おやつの適量は年齢や体格、運動量などからも違ってきますが、子どもの場合2歳児までは150kcal、3歳児からは200kcal程度といわれています。スナック菓子などは100gあたり500kcalを超すものも多いので、カロリー計算をしっかりして適量を守りましょう。

おやつには消化のよいものを選ぶことも大切。ビタミンやミネラルが多く消化もよい果物や野菜は、まさにおやつにぴったりのメニューです。

甘いお菓子に甘いジュースではカロリーオバーは必至。飲み物をお水かお茶にするだけで、カロリーをぐんと抑えられます。牛乳やジュースもまた、れっきとしたおやつの一品であることをお忘れなく。

食事との間隔が2時間以上あくようにします。だらだら食べていると肝心の食事時にご飯が食べられないなんてことも。空腹時のおやつの食べ過ぎにもご注意を。

手作りのおやつで思い出づくり

おやつという言葉には、子どものころを思い出させる懐かしい響きがあります。
学校から帰るとランドセルを置く間も惜しんで食べた、あなたの思い出のおやつはなんでしょう?昭和を代表するおやつなら、かりんとうやカステラ、大学芋、バナナにホットケーキ…。今では公園から姿を消した飴細工など、誰にでも懐かしく思い出すおやつがあるはず。
今回はそんなノスタルジックなおやつの中から、秋の味覚サツマイモを使った大学芋のレシピをご紹介します。
休日の午後、家族や友人と手作りのおやつをいただきながら、おやつの思い出話に花を咲かせてみては?

秋にぴったりの手作りおやつ

素朴な大学芋も芋をスティック状に切ったり、水飴を市販のメープルシロップに代えればちょっと洋風なおやつに早変わり。メープルシロップの代わりに蜂蜜を使ってもおいしく出来上ります。

あとかたづけにはコレ

揚げ物のお菓子づくりのあとかたづけは、固めるテンプル吸わせるテンプル がお手伝い!

世界各国のおやつあれこれ

ところ変わればおやつも色々。世界の国ではどんなおやつが食べられているのでしょうか。いつかは本場の味を試してみたい、世界のおやつを幾つかご紹介します。

中国

北京など北部の街の屋台でよく目にするのが、サンザシという果実に飴をかけた“サンザシ飴”。深紅色の小さな林檎のような実が飴でつやつやと輝き、この飴が何十本と藁に刺さって売られるさまは冬の風物詩ともされています。


写真提供元
Foods of the World 世界の食べ物

韓国

韓国で人気のお菓子のひとつが、粉でつくった生地の間に餡やハツミツなどを詰め油でカリッと焼いた“ホットック”。日本のおやきを平たくしたような形で、もっちりとした皮のカリカリとした食感と、中からトロ〜リ溶け出る餡や蜜の美味しさが絶品です。


写真提供元
朴家のホットック

イタリア

イタリアのおやつの特徴は、その地方で穫れる農産物を使って作られること。また、宗教行事にちなんだお菓子が多いことでも知られています。その代表的なものがクリスマスの“パネットーネ”。ドライフルーツがたっぷり入った大きなパン菓子で、最近では日本でもお馴染みの一品になりました。


写真提供元
パン工房 マードレ

フランス

私たちも大好きなマドレーヌなどの焼き菓子やシュークリーム、ミルフイユ、クレープにタルト、そして今大人気のマカロンなど、多くのお菓子はフランスで生まれたもの。秋には栗や林檎を使ったお菓子が多く登場し“リンゴタルト”も季節の欠かせないデザートです。


写真提供元
タルト専門店モンキャトル

トルコ

トルコを訪れた人をとりこにするのが、種類も豊富なお菓子の美味しさ。一度は試してみたいのが、薄いパイ生地にナッツ類をたっぷり巻き込み、シロップに浸した“バクラワ”です。強烈に甘いけれどなぜか病み付きになるという噂のお味とは!?


写真提供元
あふぃえとるすん!(トルコ食品通販)

ページの先頭へ