“寒がりさん”も“冷え性さん”も、この冬を暖かく快適に!

寒さが厳しさを増してくると、手足やお腹が冷えて体調不良を招きがち。食事や生活習慣などを見直して、この冬は身体の内から冷え対策に望みましょう。

寒がりと冷え性はどう違う? 冬になると多くの人を悩ませるのが"手先や足元の冷え"。「いったん冷えると暖まりにくい」という訴えもよく聞かれます。寒いから仕方がないとそのままにせず、その症状をよく知り対策を練りましょう。

あなたは"寒がりさん"? それとも"冷え性さん"?

イメージ

手足の冷えに悩む多くの人が「私は寒がりだから」「冷え性で困っちゃう」、そんな言葉を口にします。寒がりと冷え性、一見同じように思いがちですが、実はこの2つはまったく異なるもの。寒がりとは寒さが苦手でちょっとした寒さにも敏感な人をいい、冷え性とは体が冷えやすい体質の人をさします。
その大きな違いは、寒がりの人は厚着をしたり暖房を利用することで体が暖まるのに対し、冷え性の人は体が部分的に中々暖まらないこと。もしもあなたが暖かい部屋で暖をとっても、手足などがずっと冷たいままなら、"寒がりさん"ではなく"冷え性さん"ということになります。

"冷え性さん"とはこんな人
いくら体を暖めても、手や足、腰などの冷えが中々改善されない"冷え性さん"。
この冷えが強くなると、夜にぐっすり眠れないばかりか、肩こりや頭痛、腹痛や排便の不調、むくみ、肌荒れなど、さまざまな不調につながることにもなりかねません。冷えを単純に体質だと考えたりせず、今からでも冷え性改善のケアと対策をとりたいもの。原因を作っている習慣を見直すことで、冷え性体質を改善することができますよ。
冷え性の原因を知って体質改善

イメージ

冷え性は血行不良とも言い、血流が悪く体温調整がうまく働いていない状態のこと。その主な原因は自律神経の乱れ、偏った食生活、運動不足の3つと考えられています。冷え性を改善するには、これらの原因に対処することがまず大切。日ごろの生活習慣を見直すことで、冷え性を改善していくことは十分可能です。すぐに結果をだそうとせず、できることからまず始め、長い目でじっくり冷え性対策に取り組んで行きましょう。
次のページでは、体を芯から暖め、自律神経の乱れを整える効果も期待できる入浴法をご紹介します。

冷えをお風呂で解消、ホットなバスタイム。 冷え性対策の1つとしてぜひ取入れたいのが、全身を暖めるだけでなく、血行を良くしてくれる温かなお風呂。冷え性さんや寒がりさんにおすすめの、お風呂の入り方をご紹介します。

お風呂では、リラックスしながら体をしっかり暖めて
冷えた冬の体に、温かいお風呂はまさに極楽。でもだからといって、早急に暖まろうとするのは逆効果です。熱い湯の全身浴では表面の皮膚だけしか暖まらず、毛細血管を広げて血行を良くする効果が期待できなくってしまいます。体が芯から暖まる入浴法を知り、より効果的に冷え性改善をはかりましょう。
ポカポカ入浴法

体への負担が少ない40℃くらいのややぬるめのお湯に、約20〜30分ほどかけてゆっくりつかります。血行が滞りがちな下半身を集中的に暖めることで、血の巡りがよくなり全身がポカポカに。半身浴による肩の冷えが気になるときは、乾いたタオルを肩にかけると良いでしょう。

ぬるめの湯は副交感神経を働かせて緊張をほぐす働きがあり、冷え性の原因の1つである「自律神経の乱れ」の改善にもつながります。ゆっくりお風呂に浸かると体の緊張がほぐれ、神経が鎮静化してリラックス。ストレスも緩和されて一石二鳥です。
入浴時にはルールを守って安全に
冷え性対策におおいに活用したいお風呂ですが、入浴は意外と体力を必要とするもの。さらに冬場は、入浴時の急激な温度変化にも気をつけなければなりません。次の項目を守り、安全かつ快適にバスタイムを楽しんでください。
食事の前後に入浴しない
食事やお酒を飲んですぐ後の入浴は禁物。酔い覚ましにお風呂に入ることも避けましょう。
激しい運動後は休んでから入浴
体力を使った後はしばらく休んでから入浴するのが原則。余裕をもって入浴を。
かけ湯をしてから浴槽につかる
温度差による血圧の変動に要注意。
心臓から離れた足先から、両手・両腕、腰、肩と徐々に掛け、湯の温度に慣らしましょう。
入浴前後に1杯の水分補給
汗をかいた分だけ血液中の水分が少なくなり、血液の粘度が増すので、前後の水分補給はしっかりと。
入浴後の休憩も忘れずに。
風呂釜掃除の月イチジャバで、清潔&快適なお風呂をエンジョイ!

製品イメージ

ゆっくり、ゆったり楽しみたいお風呂。でももしかして、お風呂のお湯を抜いたとき、浴槽の底に汚れが残っているのに気づいたことはありませんか?
実はこれ、お湯を沸かしたときに風呂釜の奥から出てきた汚れ。風呂釜パイプの中にある汚れや雑菌が、お湯と一緒に沸かされて浴槽へ押し出されてきたものです。
風呂釜掃除を怠っていると、バスタブの汚れが風呂釜の奥にたまり、お湯と一緒に汚れも沸かすという笑えない事態に…。お湯が臭うと感じたり、お湯に浮かんだ垢の固まりのようなものを見つけたら要注意です!
除菌アクチベータ配合の「ジャバ」で月に1度の風呂釜掃除を習慣にして、清潔で安心なバスタイムを満喫しましょう。風呂釜の詳しいお手入れ法などは、「技あり!おそうじ術」をぜひ参考にしてください。

  • 詳しい製品情報へ
  • 購入する

体を内から暖める、ポカポカ生活習慣。 冷えは血行の悪さや、熱を作る力不足からくるもの。日々の食事や運動量、生活スタイルを見直し、冷えない対策をコツコツ続けていくことが大切です。

体の内からポカポカ温か!ちょっとした工夫で冷えを遠ざけよう
温かいものを口にする
冷え対策の食事法は、「体を冷やす食べ物はできるだけ口にしない」ことが基本です。日ごろからドリンクはホットか常温のものを飲むようにすると、これだけでもだいぶ違うもの。キンキンに冷えた清涼飲料水やビール、アイスクリームなどはほどほどにしておきましょう。

体を冷やす食べ物を控え、体を温める食べ物をとる
食材には体を冷やすものと温めるものの2種類があり、夏に採れる野菜や果物は体を冷やし、寒い地方や冬に採れる食べ物には体を温めるものが多いとされています。今なら旬のレンコン、ゴボウ、大根、ニンジンなどの根野菜を積極的にとり、体を冷やす熱帯産の果物(バナナ、マンゴー、パイナップルなど)や、砂糖を多く使用したスイーツなどはなるべく控えたいものです。

朝食をしっかり食べ、必要なカロリーもしっかり摂取
朝食は睡眠中に低下した代謝を高め、体温を上昇させる重要な役割を果たします。毎朝の朝食を規則的に、温かく消化のよい飲食物をとるよう心がけましょう。また、体のエネルギー消費に対し食事のカロリーが不足しても、体温が下がってしまいます。適切なカロリーと栄養素をバランス良くしっかりとりましょう。

寒いからと言って体を動かさないでいると、筋肉が凝り固まって血流が悪くなるばかりか、筋肉量が低下してどんどん熱を生み出しにくい体になってしまいます。ウォーキングやストレッチなどの軽い運動を習慣にする、普段から歩く機会を増やす、家事や庭仕事を積極的にするなど、毎日の暮らしの中で体を動かすことが大切です。

冷えや寒さをしのぐには、保温・通気性に優れた薄手素材を、サイズにゆとりを持って重ね着するのが鉄則。服と服の間に薄い空気層を作ってあげることで、体から発せられる熱を逃がさず、外からの冷気を寄せ付けにくくなるからです。また、寒さ対策でよく言われる"3つの首"にあたる、首・手首・足首の3ヵ所をしっかり温めれば、冷えや寒さをぐっと感じにくくなります。

日々の暮らしの中でできる冷え対策、少しは参考になりましたか?この冬を暖かく快適に過ごすために、ぜひできることから試してみてくださいね!
ページの先頭へ