【おうちスタイル】トイレで憩う

イメージ

トイレは鏡。ちょっとしたしつらえに住む人の素顔が映る、小さな空間。
おうちの中でも特に狭い部屋といえばトイレ。スペースや収納場所が限られているだけに、おしゃれに見せることが難しいと思っている方もきっと多いはず。でも実はそのまったく反対。狭い空間だからこそちょっとした小物使いが映え、インテリアのイメージを統一しやすいのがトイレなのです。清潔感があるのはもちろんのこと、居心地がよく、なおかつおしゃれ。我が家のトイレがそんな場所であったら、暮らし全体の質が上がるような気がしませんか。お部屋のインテリアにこだわる感覚で、もう一度トイレスペースを見直してみましょう。居室と同じイメージにまとめるもよし、ガラリと違った雰囲気に変えるもよし!インテリアスタイリスト村上直子さんの実践テクニックを参考に、憩いのトイレづくりに挑戦です。
イラスト
トイレをもっと素敵にしたいなら、まずは掃除のしやすい清潔感ある空間に。
整理収納をテーマにしたサロンをご自宅で定期的に開いている村上さん。そのためトイレはお客様が使うことも多く、ゲストを迎える大切な空間でもあります。ダイニングに隣接した白い扉を開けると、そこはまさしくひとつのお部屋。他の居室と変わらない、ナチュラルで温もりあふれるスペースが現れます。
「トイレでいちばん大切にしているのは清潔感。ですから掃除がなるべくしやすいように、便座カバーやマットは敷かないと決めています。むき出しの床なら毎日拭き掃除ができて清潔ですし、視覚的にスペースが広がり見た目もすっきり。マット派の方は思い切って取り外してみると、インテリアの新しい方向性が見えるかもしれませんよ」 古材を模した樹脂製タイルの床に、落ち着いた漆喰調の壁。ミニシャンデンリアが明かりを灯し、どこを切り取っても絵になる村上家のトイレ。でもよく見ると収納棚が見当たりません。ならば予備のトイレットペーパーや掃除道具などはどこに?
次はその収納テクニックをのぞいてみましょう。
イメージ
イメージ
収納もインテリアも適材適所。それが心地よく暮らすコツ。
限られたスペースに置くべき小物が多いトイレはついゴチャゴチャしがち。どうしたらすっきりきれいに収納できるでしょうか。 「トイレ収納のポイントは、必要なものを必要な数だけ置くこと。予備のペーパーもトイレには2個もあればじゅうぶんです」 村上さんはこうしたポリシーのもとあえて収納棚を設けず、すぐ使うものだけをディスプレイ感覚で置いています。トイレットペーパーも隠さず、ワイヤーラックやガラス瓶に数個だけ入れて見せながら収納。こまごまとした掃除用品はまとめてブリキ缶の中にしまっています。クリーナーをはじめ、週1回のスタンプでトイレ掃除の後のキレイを保てる"スクラビングバブル トイレスタンプクリーナー"もここにポン。すぐ手の届く位置に、取り出しやすく収納するのがポイントです。最後に「こちらは家族だけが使う完全プライベート用」と案内された2階トイレは、より明るくやさしい雰囲気。ここでは観葉植物の代わりに管理しやすいフェイクグリーンを飾り、お手入れや掃除の手間を軽くしているそうです。収納もインテリアも適材適所、無理にしまったり、置いたり、飾ったりしない。それが気持ちよく暮らすコツなのかもしれません。
イメージ
イメージ
イメージ
Pick Up Items
グレード ハング&フレッシュ 香りのプチバッグ 詳しい製品情報へ
グレード ハング&フレッシュ 香りのプチバッグ スリムなバッグの中に、芳しい香りのビーズが入ったサッシェタイプ。薄くて小さいから置き場所に困らず、どこでも手軽に使える芳香剤です。トイレや洗面所ならゲスト用タオルのそばにセットして、香りのおもてなしを演出しても素敵。付属のリボンで吊るしたり、カゴに入れて飾ったり、引き出し内に置いてもOK。爽やかで清々しいラベンダー、フレッシュではじけるようなレモン、清楚でやさしいジャスミンの3つの香りをお楽しみいただけます。
  • レモン購入する
  • ラベンダー購入する
  • ジャスミン購入する
インテリアスタイリスト 村上 直子 整理収納アドバイザー1級。整理収納のナビゲーターとして住まいの悩みをコンサルティングする傍ら、すっきりとして美しい"魅せる収納"を雑誌等で提案。自宅での「お家サロン」も定期的に開催している。
ページの先頭へ