美的生活のススメ おうちでお花見、桜のランチ

  • 桜咲く、春のテーブル
  • 持ち寄りメニューでお花見ランチ
  • 桜と香りのおもてなし
満開の桜の下で開く宴もいいけれど、おうちでゆっくり楽しむお花見会もおつなもの。うららかな春の一日にふさわしい、桜を使ったフラワーアレンジメントや素敵な演出をお届けします。

桜咲く、春のテーブル

毎年めぐり来る、桜の季節。
でも桜の見頃に合わせて、タイミングよくお花見計画を立てるのは意外と大変なもの。
ならば今年はいっそ、おうちでゆっくりお花見ランチとしゃれこみましょう。

春満開、お花見テーブルスタイリング

おうちでお花見と言うからには、集まりの主役はもちろん桜の花。でも枝ものの桜を形よく活けるのって、なんだか難しそうですよね。
そこで今回は「美的生活のススメ」でもお馴染みのフローラルデザイナー、野崎由理香さんおすすめのアレンジメントをご紹介。
食卓の上をまるごと桜の世界に染めてしまう、素敵な術をお届けします。

桜の卓上花

お花見気分を盛り上げるメインの桜を、テーブル中央にあしらい華やかに。
花材 啓翁桜(手に入る桜なら何でもOK)
他材料 石
How to make
左右に長めの桜を2〜3本ずつ横向きに入れる。
左右に少しずつ短い枝を入れていく。(1)で石を入れていない場合は、このあたりで枝の上に石を置き、枝を押さえて安定させる。
中央部分に桜を入れるとより華やかになるため、手前とその反対側にも短い枝を入れる。
器内に落ちた花などを取り除き、全ての枝の切り口が水に触れるよう、器に水を張る。
ここがポイント!
器に合った手頃なサイズの石を桜の重しに使うだけ。テーブル中央に飾ることを意識して、全体のバランスを考えて反対サイドも見ながら作りましょう。
その他の注意点
枝の切り口が器より上にならないように注意。器から飛び出してしまうと、桜が水をもらえなくなる。
(1)では枝の切り口が反対サイドの器内側の側面に接触しているほうが、枝が安定しやすい。こうすると(2)や(3)の段階でも枝を留めやすい。

桜づくしのテーブルウエア

桜をイメージさせるお皿やナフキン、ランチョンマット、箸置きなどを用意して、春爛漫のテーブルを演出してはいかが。
ナフキン
花材 啓翁桜(手に入る桜なら何でもOK)
How to make
花びらなどがなるべく傷ついていない、きれいなものを選び、ナフキン上に絵を描くように置く。
ナフキンを開く際には、桜を水のはったガラス器に浮かべると浮かせ花としても楽しめます。
ここがポイント!早く準備しすぎると、花が乾燥してしまいます。ゲストが到着する直前か、せいぜい1時間〜30分前に。
箸置き
花材 桜の枝(今回は啓翁桜)
How to make 箸置きにふさわしい長さに枝を切る。太い枝は半分に割り、細めの枝は安定が良さそうなものを選ぶ。
ここがポイント!桜の枝は硬いので、切るときが少々大変。手持ちのハサミに合わせ、太い枝か細めの枝を使うかを選択してください。

こちらもおすすめ!テーブル脇に桜の壷生け

桜の長めの枝を適量用意して、ちょっと大きめな壷に生けて床置きに。お部屋がいっそう華やかになり、桜の木の横でお花見している気分になりますよ。
ここがポイント!桜は束ごとバサッと入れ、あとから形を整えてあげるだけ。壷は上部の口が開いていないタイプの方が、枝数が少なくてすむのでおすすめです。

持ち寄りメニューでお花見ランチ

気の置けない仲間と友人とおうちでランチを楽しむなら、持ち寄りメニューで美味しく手軽に。
そこにちょっと工夫を加えるだけで、お花見気分が盛り上がります。

出来合いのお惣菜を持ち寄り、気楽に集合!

各自が料理を持ち寄ると決めたのは良いものの、手作りとなるとこれはまた面倒。
今回はデパ地下やコンビニのお惣菜を利用して、うんと気軽に集まれる会にしてみませんか。
その代わり、料理の盛付け方にはお花見らしい雰囲気をプラス。
それぞれのアイデアを競い合っても盛り上がりそう。

いつものお皿が「花の膳」に変身 四角皿の花飾り

お花見ランチに持ち寄るメニューは、春らしい彩りのものがおすすめ。それらを白い器に盛りつけ、その傍らに花飾りをさりげなくあしらえば、それだけで目にも美しい花の膳に。
花材 ラナンキュラス、スイトピー(今回はサクラという品種)、ビバーナム
How to make
吸水性スポンジを四角く切る。
料理を山高に盛るイメージで花を挿していく。ラナンキュラスは中央に少し高めに、ビバーナムは低めに(吸水性スポンジをカバーするようなイメージで)挿す。
スイトピーは1本に花が3〜4輪ついているので上手に小分けして挿す。
ここがポイント!
吸水性スポンジを切るときには、スポンジが大きすぎないように注意。大きいとスポンジをカバーする花や葉がたくさん必要になってしまいます。ラナンキュラスは暖かい場所だと大きく咲くので、咲くことを想定して、まわりに花をギューギュー詰めにしないこと。

小さな箱でつくる桜の花舞台

コンビニのおにぎりも、ちょっとした演出を加えるだけでお花見気分を盛り上げるメニューに変身。
花材 桜(今回は彼岸桜)、リューココリーネ(桜に似た少し大きめな花)、キキョウラン(葉)
材料 アクリル板、紙箱
How to make
箱(今回は和菓子が入っていた箱を利用)の内側にセロファンを敷いて吸水性スポンジを低めにセット。セロファンと箱を両面テープで固定するとセロファンがペラペラとなりにくい。
キキョウランの葉を一枚ずつ挿し、先端が上に浮いてしまいそうな箇所は、グリーンのワイヤーで留める。
桜の枝を寝かせるようにして バランス良く挿す。
リューココリーネを挿す。どこかのお宅に持ち寄る場合は、ここまで作っておいて持参。訪問先で箱の上にアクリル板を乗せ、おにぎりを下の花部分が見えないように置いてテーブルにセットする。
ここがポイント!
(1)で吸水性スポンジの高さが高いと、あとでアクリル板やおにぎりが乗らないので注意。目安としては箱の高さの半分以下が良いでしょう。また、(2)でのキキョウラン、(3)での桜は寝かせて挿す感じに。(4)で使う花も高さのない花を選び、全体にアクリル板が乗る高さに仕上げてください。

桜と香りのおもてなし

おうちでお花見を開くなら、お部屋の空気や香りにも気をくばりたいもの。
消臭と香りの演出を同時にかなえるグレードブランドより、春のおもてなしにおすすめしたいアイテムをご紹介します。

9種類の香りが選べる「グレード ソリッドエアフレッシュナー」

甘く優しい香りから、透明感のある爽やかな香りまで、どれも魅力的な9種類の香りが揃った「グレード ソリッドエアフレッシュナー」。エッセンシャルオイルが香りに深みを与え、香水のようにリッチで上質な香りを洗練されたデザインとともに楽しめます。

詳しい製品情報へ

  • シトラスフレッシュ購入する
  • エンジェルウィスパー購入する
  • アロマソープ購入する
  • フレッシュベリー購入する
  • ラベンダー&バニラ購入する
  • ハニーフローラル購入する
  • ラベンダー&ピーチブロッサム購入する
  • ジェントルローズ購入する
  • クリーンリネン購入する
フローラルデザイナー 野崎由理香

ヨーロピアンスタイルのアレンジメントをはじめ、現代生け花、室内装飾などを多角的に学び、暮らしに息づくフラワーライフを提案。雑誌等で広く活躍しながら、自身のアトリエではフラワーレッスンを開講している。

ページの先頭へ