【おうちカフェ】美味しく食べて、今日も元気。気分を晴れにする、小さなごちそう。

イメージ

梅雨の季節にジメジメしたうっとうしい日が続くと、何となく気分が晴れず体調もくずれがち。こんなときは軽い運動やたっぷりの睡眠を心がけるとともに、「医食同源」* の教えに習い健康効果のある食品を積極的にとりたいところ。美味しく食べて元気になれる、そんなパワーを秘めたレシピをチェック!*食事は健康を保つ上で薬と同じくらい大切であるという意味。

梅肉ソースを添えて召し上がれ。小梅入りポテトサラダのミルフィーユ仕立て。
ジメジメ、ムシムシする季節、何だか疲れやすくて体がだるい。そんな不調をはらうため、おすすめしたいのがクエン酸です。クエン酸とはレモンやオレンジなどの柑橘類や、梅干し等に含まれる酸っぱい成分。体内に摂取された栄養素を効率よくエネルギーに変換し、疲労回復を助ける効果があるとされています。さらにその酸っぱさで胃液の分泌や胃の活動を促し、食欲を増進。アンチエイジングに欠かせないミネラルの吸収を促進する作用もあり、日々の元気に欠かせない成分なのです。
イメージ
さて、ではそのクエン酸。オレンジなど生のフルーツからそのまま摂るのも良いけれど、せっかくなら少し手を加えて美味しくアレンジ。クエン酸をたっぷり含んだ梅干しを使い、近頃では専門店ができるほどに人気が高まっているポテトサラダを作ってみました。梅肉ソースをアクセントに、なめらかなポテトとカリカリ梅の異なる食感もいっしょに楽しめる一品に。セルクルで型取りすれば、おもてなしメニューにもぴったりです。
イメージ
How to make カリカリ梅のポテトサラダ
材料
イメージ
  1. 1. マッシュポテトを作る。ジャガイモは皮をむいて大きめに切り、水から約20分ほど茹でる。竹串がスーッと通るようになったら火からおろし、木べらでつぶす。鍋に戻して牛乳を少しずつ加え、中火にかけながらよく練り、バターを加えて塩・コショウで味を整える。今回は梅干しの塩分が加わるので控えめでOK。
  2. 2. マッシュポテトの粗熱をとり、刻んだカリカリ梅と混ぜ合わせる。
  3. 3. パプリカはさいの目切り、アボカドは薄くスライスする。
  4. 4. セルクルにパプリカ、5のポテト、アボカド、ポテトの順に敷き詰める。
  5. 5. 上部分をスプーンなどで押しながら、ゆっくりとセルクルを上に引き上げる。
  6. 6. 最上段にカニのほぐし身をあしらい、チャービルを飾り付けて完成。
  7. 7. 包丁でたたいた梅干しの果肉をみりんで伸ばし、ソースとして添える。
イメージ
こちらもオススメ! すっきり甘酸っぱいフルーツピクルス
クエン酸を含むキウイやオレンジを、ハチミツ入りのフルーツ酢に漬け込むだけで出来上がり。冷蔵庫で冷たく冷やし、残ったピクルス液はソーダなどで割って飲んでも美味。
ビクルス液:りんご酢1/2カップ、ハチミツ大さじ2(好みで調整)
イメージ
果実の甘酸っぱい爽快な香りに、みずみずしくつつまれて。
クエン酸をたくさん含む柑橘系フルーツは、その甘酸っぱい爽やかな香りも魅力。すっきりとした爽快感のある香りに触れると、気もちまで晴れやか気分にさせてくれます。気分がふさぎがちなときや、気もちの切り替えができないときは、身の回りに柑橘系のフレッシュな香りをセットして気分転換をはかりましょう。グレードシリーズの各アイテムには、レモンやライム、ラズベリーなどの果実をベースにした、清潔感のある爽やかな香りが勢揃い。お好きな香りをチョイスしてあなたのおそばに置いてください。
イメージ
  • 香りのプチバック レモン:レモンがキリッときいた、ちょっとビターでフレッシュな香り。
    製品情報へ
    購入する
  • 消臭センサー&スプレー シトラスフレッシュ:地中海の明るい太陽を感じさせるジューシーでフレッシュなシトラスの香り。
    製品情報へ
    購入する
  • ソリッドエアフレッシュナー フレッシュベリー:ストロベリーをはじめ、摘みたてのほんのり甘酸っぱいベリーの香り。
    製品情報へ
    購入する
ページの先頭へ