【おうちスタイル】ジメジメ、ムシムシ、寝苦しい夜にサヨナラ。今夜はぐっすり、おやすみなさい。

梅雨に入ると湿度が急に高まり、不快指数は急上昇。蒸し暑い夏をうしろに控えた、寝苦しい季節がやってきます。毎年このシーズンになると、なかなか寝付けなかったり、何度も目が覚めて満足に眠れなかったりと、つらい思いをしている人も多いのではないでしょうか。当たり前のことですが、眠るためには寝付くことが大切。ところがムシムシして不快な夜は、その寝付くことが容易ではありません。ただでもエネルギーを消耗しがちな夏場は特に、睡眠時間の不足や質の低下が、身体の不調にダイレクトにつながりかねないので要注意です。今年こそはきちんと対策を練り、眠れない悩みを解消して高温多湿の季節を健やかに乗り切りましょう。

イメージ

梅雨や夏の夜が寝苦しいのは、気温より湿度の高さが原因。湿度のコントロールが快眠の決め手です!
あなたは眠くなったとき、手足の先など体の表面がポカポカしてくるのを感じたことはありませんか?これは体が熱を発散し、眠りにつこうとする合図。睡眠と体温には密接な関係があり、人は深部体温(体の内部の体温)が下がり始めると眠くなり、上がり始めると目覚めるという特性を持っています。つまり眠りにつくためには、スムーズに体の熱を放出して深部体温を下げることがとても大切。ところが湿度が高いと汗が蒸発しにくく、体温も下がりにくくなるため、なかなか寝付けなくなってしまいます。「暑くて寝られなかった」と私たちはよく言いますが、実は快眠を最も妨げる大きな原因は湿度なのです。
実際、カラッとして湿度の低い国では、たとえ気温が高くても日本ほど寝苦しさを感じません。気温も湿度もぐんと高くなるこれからの季節、快適な眠りを得るためにまずすべきなのは、寝室や寝床内の湿度調整に気を配ること。そう、快眠は何より湿気を嫌うのです。湿度を上手にコントロールして、今年の夏はぐっすり気持ち良く眠りましょう!
イメージ
イメージ
ムシムシ不快な夜にぐっすり眠る、3つの秘訣。
その1 寝室の室温は27〜28度、湿度は60%前後が理想的。
寝室は就寝前に十分に風を通して通気を行ない、先にエアコンのスイッチを入れておきます。冷やし過ぎに注意し、除湿(ドライ)モードを上手に活用して。3時間ほどで切れるタイマーセットにしておくと体への負担が少なく、深い眠りに入る前に暑さで目が覚める心配もありません。
その2 熱と湿気がこもりにくい寝具を選ぶ。
寝室を適温に整えても、寝床内の温度と湿度が高いと寝苦しさが襲ってきます。特に背中の蒸れと暑さは、冷たい部分を求めて無意識のうちに寝返りの回数を増やし、深い眠りを妨げることに。シーツや敷布団などの寝具は熱がこもりにくく、通気性のよい素材に替えましょう。肌との接触面が少ないワッフル生地や麻などがおすすめ。いつも清潔にして、洗いたてのパリッと乾燥したものを使いたいですね。
その3 入浴は優れた誘眠剤。ぬるめのお風呂にゆっくり入る。
夏はシャワーで汗を流せばOKという人も、快眠のためには眠りにつく1時間くらい前の入浴をぜひ習慣に。38〜40℃くらいのぬるめのお湯にゆっくり浸かることで体が芯から温まり、収縮した血管が開いて体にこもった熱を放出しやすくなります。「暑いのにお風呂!」と思うかも知れませんが、この入浴こそが就寝時に深部体温を下げるきっかけに。湯船にしっかり浸かることが大切です。
今回、快眠のためのアドバイスをくれたのは、フランスベッド株式会社 中村 太一 さん 眠りや健康に関する深い知識に基づき、社内研修にとどまらず、国内家具専門店やデパート、ハウスメーカー等を中心に公演・セミナーを担当。機知に富んだ"眠くならないセミナー"に定評がある。フランスベッドではベッドやマットレスの他にも、寝苦しい夜を快適にサポートする寝装品を各種多彩にご紹介しています。詳しくは全国各地のショールームにお問い合わせください。
入浴は一年を通じ、眠る準備に効果的。ジャバを使った風呂釜掃除で、バスタイムをより気持ちよく!
ぬるめのお湯にゆっくり浸かって、リラックスしながらバスタイム。快眠のためにも活用したいお風呂ですが、その前にしておきたいのが風呂釜掃除です。風呂釜パイプの中に汚れや雑菌が溜まっていると、お湯を沸かしたときに浴槽内にそれらが逆流してお湯を汚したり、イヤなニオイがする原因に。除菌アクチベータ配合の「ジャバ」で月に1度の風呂釜掃除を習慣にして、清潔なお風呂を安心して楽しみましょう。
ジャバ
詳しい製品情報へ
購入する
イメージ
ページの先頭へ